航海計画

台風14号が日本列島を縦断した。 935mbの非常に大きい台風であったが、予想されたほどの大きな被害を受けなくて済んだようだ。 今年の巡航は、2019年に九州一周を半ばで中断したのを再挑戦するプランを立てた。時間的な余裕を持つために、その航程を2つに…

山陰の主要港と補助港  詳細

山陰のヨット泊地 隠岐巡行で立ち寄った港、 番号は訪問順 山陰の主要港と補助港 詳細 今回の隠岐巡行では、ホンダワラがプロペラに絡み、毎日のように老体に鞭打って潜るサンザンな目に会った。春から夏の時期しか問題がないのかもしれません。 シングルハ…

ヴァイキング22

2022年09月10日 ヴァイキング22 弓削にて停泊中に、懐かしのヴァイキング22・敷島号に出会いました。 そのヨットは50年程も前に小生が初めて購入したクル-ザ-です。 今は亡き明石ヨットがそれを15隻ほど製造したと聞いています。 そのオ-ナ-は関西の方で…

濃霧

上関からクダコ水道までの予定航路、 白線に囲まれる範囲に濃霧発生 2022年7月17日に隠岐巡航の帰りに濃霧に会った。 いつものように朝5時に上関を出港してクダコ水道を経由して下蒲刈を目指した。6時頃になって、平郡島に差しかかる付近より濃霧になり先が…

門司城、 丸山城

門司城、 丸山城 門司城と丸山城 新門司マリ-ナではいつものように5日も風待ち待機となった。 その間マリ-ナの自転車で門司城と丸山城を見に行く。 門司までは時間もかかる行程で、トンネルを3つほどくぐることになる。 トンネルにサイドに歩道が設置され…

丸谷城 再訪

2022年09月03日 丸谷城・丸屋城 再訪 隠岐巡行で再び下蒲刈を訪れたので、丸谷城を再訪した。 銚子に置いている仲間と着岸した 前回は本丸跡を訪れただけであったのでそれから続くと思われる天神鼻まで行ってみる。 ヨットは天神鼻のある半島状の土地(丸屋…

一の城

一の城 因島周辺の城、 赤字城は訪問済み、青字城は未訪問 弓削海の駅にヨットを停泊させ,せとうち交流館内の観光協会で自転車を借りて「一の城」へ行く。 上弓削からフェリ-(190円)に自転車を 乗せて因島の家老渡に着いた。 海岸沿いの道を北に三庄湾方…

上関城

2022年09月01日 上関城 上関城、番所跡、茶屋跡、 赤丸はヨット係留地 上関は九州へ行くのによく使う中継地である。 弓削がヨットの聖地と人気になっていたが、ここにポンツ-ンが整備されて利用しやすくなり、今では弓削を抜いて上関が一歩リ-ドしたようで…

国府尾城

国府尾城 (こうのじょう) 島後 隠岐の島町、 国府尾城と後醍醐天皇行在所跡・隠岐国分寺 何も予備知識がないまま、レンタサイクルで西郷湾の西郷大橋付近で,通りすがり偶然に国府尾城跡案内板を見つけた。 国府尾神社の裏山にその城は位置する。 後知恵で…

黒木御所と由良比女神社    西の島

黒木御所と由良比女神社 係留している中の島・菱浦から内航フェリ-・連絡船(200円)にのり西の島・別府へ行ってきた。 そこではレンタサイクルを借りて、黒木御所と浦郷の由良比女神社を訪ねる。 黒木御所 黒木御所は連絡船やフェリ-を降りてすぐ徒歩5分…

隠岐神社

2022年08月28日 隠岐神社 菱浦と隠岐神社、 赤丸は菱浦ヨット係留地 中の島の菱浦にヨットを係留した。 そこからフェリ-乗場にある観光案内所で自転車を借りて、隠岐神社に向かった。 フェリ-の到着時間に合わせてそこへ行くバスもある。 菱浦から諏訪湾沿…

仙崎

2022年08月26日 仙崎 角島から仙崎に行く。青海島と大島の水道を抜けて仙崎湾に入り仙崎漁港へヨットを着けた。 大きな漁港なのでどこに着ければと迷うところだ。 仙崎人口島の一角(下図の赤丸)に着けた。 土曜日で漁協が休みなので近くの漁師さんに了解を…

鷺浦

鷺浦 鷺浦と十六島 鷺浦は泊地の面積の小さい漁港ですが、奥まった湾で諸風を防ぐ良港です。 しかし、その港の入り口まで航行したが、防波堤の先端で合図をされて入港拒否にあいました。 予定していた防波堤の端の係留地は空いていて留められる状況であった…

角島

2022年08月24日 角島 角島漁港 赤丸は停泊地 角島は今回の隠岐巡行で2度お世話になった。 最初は南風泊からホンダワラのペラの絡みの減速で悩まされながらも午後に入港した。給油を終えると夕方になった。 それからソフトスキンを着て潜ったのだけれど、ホン…

七類

2022年08月22日 七類港、 沖から入り口を探すのに苦労した、フェリ-が出入りすれば容易に見つかるが。 フェリ-乗場、 タ-ミナルに入浴施設有り 七類港は隠岐諸島へ行くのに拠点として利用した。 港湾局の事務所があり、そこに連絡する。 皆が云っているの…

温泉津

温泉津 赤丸は2回の停泊地 青丸はお勧め停泊地、 温泉津と沖泊、 付近の3つの城跡 温泉津の温泉はヨットマンにも良く知られていて、山陰へクル-ズに行くと話すと温泉津への訪問を勧められます。 20代のはるか昔にいったことがあるので温泉のことは既に知っ…

姫島

2022年08月21日 姫島 九州への良い中継地 姫島 赤丸は停泊地 九州の東側や関門海峡を抜けて北側に行く機会があったが姫島には今回の隠岐行きの帰りに初めて立ち寄った。 フェリ-岸壁の横に階段だ設置されている漁協前の岸壁に下記写真のように着けた。 日本…

萩城下町 その2

2022年08月19日 高杉晋作の志 JR東萩駅にて自転車をレンタルして、萩の城下町を散策した。それを松本川の右岸地区と左岸地区に分割して掲載する。 参照 ぶらり はぎ散歩 地図 この散歩地図を見ながらサイクルしたので、 場所の位置詳細は左記の地図をご覧く…

萩城下町 その1

萩城下町 その1 JR東萩駅にて自転車をレンタルして、萩の城下町を散策した。それを松本川の右岸地区と左岸地区に分割して掲載する。 参照 ぶらり はぎ散歩 地図 この散歩地図を見ながらサイクルしたので、 場所の位置詳細は左記の地図をご覧ください。 これ…

浜田城

浜田城 浜田城は吉田重治が大坂の陣の功により伊勢松坂より石見浜田5万4千石へ転封されてこれをを築城した。 現在の浜田の町は浜田川を越えた地域に大きく発展している。 当時は北前舩の寄港地松原湾・外ノ浦を北の備えとし、西と南は浜田川に囲まれ、東に内…

浜田

浜田 浜田 大きな港湾スペ-スがある 江崎を出て次は浜田だ。 浜田の港はとてつもなく大きい。 どこへ着けるか迷う程である。 浜田マリン大橋(高さ 18m)を抜けて神社前の予定係留地をめざした。 そこは漁船がゆったりと付けているので、窮屈な操船を迫ら…

十六島・うっぷるい

鷺浦と十六島 十六島はアイヌ語みたいに「うっぷるい」と呼びます。 想定航路より奥まっているので入港を予定していなかった。 鷺浦へ行くつもりであったが、入港直前になって防波堤の先で手をエックスにしてストップの気配である。 工事しているので入港で…

西郷・隠岐騒動

西郷・隠岐騒動 隠岐諸島 ヨットの航海において、隠岐諸島へは何か行く目的がないと、本土側を航行してそこをスル-されてしまう。 小生も何度かチャンスがあったが行けずしまいであった。 今回の春巡航は、母港岡山に向かう新幹線の中で、九州へクル-ズす…

伯方島の城     ヨット泊地

伯方島の城、 金ヶ崎城、木浦城、伯方本城 伯方島にある城跡、伯方本城、木ノ浦城、金ヶ崎城 青丸はヨット泊地 ヨットを停泊させている弓削海の駅より連絡船で伯方島を訪れた。 伯方本城,木ノ浦城、金ヶ崎城をめざす。 伯方本城 この城は村上師清により築か…

下松散歩

末武城 下松からタクシ-で護国神社に向かう、末武城が近くにあるのだが、近くの人に聞いても判明しない。 護国神社に登るが結局みつけることは出来なかった。 下調べが大事であった。 護国神社入り口 護国神社 維新13人墓 馬関戦争、禁門の変、戊辰戦争のこ…

下松

赤丸は停泊地 上関から新門司マリ-ナにヨットで向かう時には姫島に寄るケ-スがほとんどだと思われる。 逆コ-スで潮に恵まれれば8-10時間で行けたこともある。 また、かって徳山グリ-ンヤマトマリ-ナに入ったこともあるが、山間のマリ-ナでたいそう不…

須佐

須佐湾 赤丸に停泊 青丸はおもしろそうな停泊候補地 須佐 防波堤の内に停泊 江崎を出港してしばらくすると3ノットくらいに減速した。 ホンダワラのペラ絡みを想定して予定を変更して須佐に停泊した。 予想どおり潜るとホンダワラが絡んでいた。 ス-パ-で…

ホンダワラのプロペラへの絡み  その2

今春の隠岐へ行くクル-ズでは、関門海峡を抜け山陰沖を往復した。 まず、新門司マリ-ナでペラの点検して潜り,そこまでの瀬戸内での航海でプロペラにホンダワラが絡んでいないことを確認した。 我がヨットは関門を抜けて蓋井島をめざした。潮の影響を受けて…

萩のヨット泊地

萩へは20代の時に訪ねたことがある。当時は船乗りをしていて、下関造船所へ乗組みしていたフェリ-がドックに上架すために行った。その時休みを利用して山陰線に乗り萩を訪ねた。 それから半世紀近くにもなるのかと時の流れの速さに驚く。 ヨットで今回そこ…

源範頼 お墓 その5

ヨットで隠岐へ行く途中に仙崎に立寄りました。 近くの三隅に範頼の供養塔とお墓があるということで訪れました。 ネットで調べてみるが詳しいことは分かりませんでした。 長門三隅八幡宮の宮司さんに地図を書いてもらい行くことができました。 なぜ、ここに…