深谷散歩

      深谷散歩


 青点は散歩行き先


  ゴ-ルデンウイ-クの谷間の4/30に渋沢栄一の故郷深谷を訪ねた。 JRの駅にしてはお金をかけている深谷駅に着くとすぐにホームから東京駅風の駅舎が眺められる。

 JR深谷駅


 駅中にある観光案内所でレンタサイクルを貸しているところを訪ねる。 2か所あるようだが10時代では深谷シネマにあるところを紹介された。 徒歩5分くらいの場所で元映画館にある土産物屋で貸してくれた。 市役所の横を抜けて深谷城をめざす。  城跡公園になっている場所で模造の塀があるようであるが重みは感じられない。 中学生が公園のあちこちで写生を行っていた。

 

 深谷城跡公園

 埼玉県立深谷商業高校


 深谷上杉氏がここ深谷城へ移る前の城である庁鼻和城(こばなわじょう)へ行こう。 その途中で立ち寄ってみたいような深谷商業高校の校舎が見られた。 その城跡は現在は国斉寺になっており本殿裏に土塁が見られる。大手門と物見櫓の跡は見つけられなくて訪れていない。

 

 

 国済寺にある案内標識



 次は東方城である。 263号線をサイクルして北上するが危うく通り過ぎそうになり戻る、少しは城跡の地形を見極める力が少しあった。 城跡の案内様式を見つける。 その横にある土塁に上る。 城域は保育園の一部らしくかすかに園児の元気な声が聞こえた。 土塁は続いており2m程度の幅残っていた。

 土塁


 続いて皿沼城に向かう。 そこは標識だけで城跡の感じはしない。 明治になって煉瓦の粘土採取のために土塁などが利用されたという。

 皿沼城の標識と借りたサイクル


 いよいよ尾高淳忠と渋沢栄一の生家を訪ねよう。  道案内はスマホのマップに頼っていた、まだ習熟していないらしく反対方向へ行ってしまう。そこで、作業中の市役所の人に尋ねる。 かなり時間を要して尾高惇忠の生家に着いた。  ボランテイアのガイドさんより30分ほど詳しい説明を受けた。 なぜ討幕の尊王攘夷の志士が彰義隊や振武隊に入り幕府を擁護する立場に変わったのか質問を用意していたが、先の人が長引いていたので、ガイドさんいに聞かずに立ち去るこになる。


 尾高惇忠生家  無料

  渋沢栄一記念館と中の家は公園沿いの川に並んであった。 記念館ではアンドロイドとかいうロボットが展示されていて、本物のように動くのに驚かされた。

 

 渋沢栄一記念館 無料


 尾高惇忠の生家と比べて渋沢栄一邸は一万両の取引があった農・商家であったので倉も大きくさすがに豪農・大名主の家という感じであった。 父親が傾いていて困ったこの家に養子に来て一代でここまでになったのはスゴイことです。

 渋沢栄一生家 中の家(なかんち) 無料

 


 予定していた岡部城と岡部藩陣屋跡へは午後4時半までのサイクル返却に間に合わせるためにそこへ行くのは断念した。 欲張りすぎるプランであったとも言えるのでしょう。帰りは4時半の期限までに自転車を返すのに大急ぎでこいでしまった。 片方の太ももがツリそうになってしまう。


      2021-5-6



 

 

尾高惇忠

       尾高惇忠  おだかあつただ(じゅんちゅう)


 1830-1901

 昨年のNHK大河ドラマの光秀は楽しめたけれど、それに登場した人物で光秀もそうであるけれど自分のブログに挙げようとする人はいなかった。 今回の渋沢栄一では尾高惇忠・おだかあつただ(じゅんちゅう)をまず取り上げよう。 小生は深谷へ惇忠の生家を尋ねる。 名主の家だというが予想したほど大きいものではなかった。 そのことは剣道場として使用されていた倉庫は母屋の前の道路を挟んだところにあり、それを含めた総体でないのでそのように思えたのかもしれない。  ここは渋沢栄一の精神を重んじているのか、他の施設も入館料は取らない。 珍しいことである。 今までなら、300円は支払ったであろう。

 尾高惇忠生家

  室内

 尾高惇忠は尾高勝五郎の子として誕生。母は渋沢家から嫁いできたので渋沢栄一とは10歳上の従妹である。 彼は栄一に文武両道の影響を与えた。 また、妹の千代は渋沢栄一の妻となっている。 惇忠は従妹の渋沢喜作や栄一と供に高崎城を奪取して武器を奪い、横浜の外人居留地を焼き払う攘夷を決行し、その後に長州と結んで討幕をする計画を立てる。 弟の長七郎が京都の情勢を持ち帰り中止を説得したのでこの計画を取りやめた。 (ここまで書いて 夕食を食べながら大河を見る。 ちょうど長七郎の惇忠の襲撃計画を中止するように説得する場面を見た)

 惇忠は吉田松陰と同年の生まれである。 襲撃計画を実行していて、うまく長州に逃げおおせれば尊王攘夷の志士としてもっと多く世に知られていたかもしれない。また、水戸の浪士の仲間として一揆に敗れて名もなく死んでいたかもしれません。 頭に血が上っているときに弟の諫めに従えたのは、普通ではできることではない。 柔軟な思考を持つことゆえに出来たということであろう。 先の出来事で弟の長七郎が皮肉にも坂下門外の変に参加するのを諌めたのが淳忠であったのも皮肉である。 その後、彰義隊に参加して脱退し振武隊を結成し渋沢喜作・成一郎や弟の平九郎らと飯能戦争を戦い敗れる。平九郎はそこで見事な自決を行い、淳忠と喜作は函館まで転戦した。
 維新後は維新官僚になった渋沢栄一の縁で官営富岡製紙工場の最初の工場長になり長女の“ゆい”と共に尽力した。明治の改革に貢献して70歳余まで生きた。

  大河ドラマを見たあとのNHKのお知らせで孫の同名の現代音楽作曲家・尾高惇忠(1944-2021)の亡くなった記念公演の知らせを聞いたのも不思議な縁でしょうか。



          2021-5-2
 

 

 IBMとホロコ-スト

 

 

     

 

 

  

f:id:hayame2:20210419101941j:plain

      IBMのパンチカードマシン(写真:ロイター/アフロ)

 

  

  FACEBOOKは小生にとって、陰に隠れて好き放題言わない良い手段であるとの認識を持ち、友人から勧められてそれに加入しました。 今度の米大統領選挙ではGAFAのビックテック企業は現職の大統領の口座すら凍結したり、気に入らない世間の議論言論を統制・弾圧した。 それらのことにやっと気が付いた小生はまずフェースブックの口座を削除した。 友人の少ないゴミみたいな口座ではありましたが。 

 

 LINEはやっていなくて良かった、その社長はサ-バ-を日本においてあると“ウソ”ついていました。 パソコンやスマホから小生のようにどうでもよい情報でも抜かれていると思わなければなりません。 中国・韓国系の機器とソフトには今後十分に注意しなければならない。

 

 ウイグル等のホロコ-ストの件では、今だに、政府は明確な態度を示さず、ユニクロ無印良品も同様です。 市場の大きな部分を占める巨大企業は市場競争の上での経済的な問題であるとして、独占禁止法で対処するとしていましたが、政治的にも文化的にも関わる大きな問題として関心を持って規制していかなければならない。

 

 過去にIBMナチスのホロコ-ストに加担していたという。 抹殺収容所から奇跡的に生き残った両親をもつ作者は戦後になって、なぜあのようにナチスは効率的にユダヤ人を見つけ出してきた理由を探し本にまとめた。 小松原みどりさんが述べています。

 

小笠原みどりの「データと監視と私」

IBMは、この大量の登録作業に最新技術を提供することでナチスに加担したことを、アメリカのジャーナリスト、エドウィン・ブラックは著書『IBMホロコースト ナチスと手を結んだ大企業』(小川京子・訳、宇京賴三・監修、柏書房、2001年)によって暴いた。当時、コンピュータはまだ存在していなかったが、IBMのパンチカードとカード選別システムは、その先駆けだった。IBMは人口調査の表を作成する会社として1898年にアメリカで創立され、創業者ハーマン・ホレリスが発明したパンチカードに穴を開けることで国籍、性別、職業など個人の特性を記録し、何百万というカードを即座に分類するシステムを開発した。

 

  技術は差別と暴力にどう加担するのか IBMとホロコーストの歴史を知る:朝日新聞GLOBE+ (asahi.com)

 

 

  佐藤仁

 「IBMとホロコースト」の著者、IBM初代社長ワトソンが設立に貢献した大学で講演(佐藤仁) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

 

 中国において最新の顔認証技術を使ってウイグル人を区別できるという。 ビックテックの言論統制にも人工知能を使って瞬時にワードを引き出してそれに利用しているという。 最新のIT技術専制国家には有用なものであると判明している。IBMもそうであったように常にそれらのものに注意を払わなければならない。 小生のように知識の乏しいものには知らないうちに利用されるばかりであろうか。

 

 

      2021-4-19

 

 

今!  ぼくらの時代

 今! 僕らの時代


       青山繁晴さんによる


  aoyama 01.jpg
      青山繫晴氏   自民党参院議員


  「ぼくらの国会」というYoutubeの番組にはまっています。 自民党の部会の働きなどをを庶民には知るはずもなく、与党の部会には官僚・大臣が出席して答弁や説明をしてくれるのだと言うことが分かった。 彼の安全保障や危機管理の見識には納得しています。 

 また、彼の連れ合いが水大の漁業学科に小生より後に入学し、他の学科には3人の同級生がいたけれど、この学科では女性が入学していなかった。卒業して甲種2党航海士の免状を取得しています。 そういう女性恋愛して結婚したのかと身内的な親身を勝手に感じています。

 彼は番組のなかで、思いもつかなかった見解を述べています。   それは 「敗戦から76年あって失ったものをほとんど回復していない。 尖閣の問題は日本を目覚めさせる。それは幕末の坂本龍馬や功山寺挙兵時の高杉晋作らによる “国家が青春“という時代と同じ時期を我々は生きている。 面白い時代だ。 中国が武装して領海に入ってきている現実、現に列強が押し寄せてきて幕藩体制では対応できないのと同じである。 わずか4隻の黒船により徳川250年の祖法を守っていたのが崩れて開国し、15年後に明治の時代になった時と酷似していると。」 

 幕末には尊王攘夷の気分が横溢加熱していたのが、今放映されているNHK大河ドラマでの分かる。 渋沢栄一が高崎城を焼こうとしていた志士であったというが、血洗村の農民の息子でさえもこう動こうとしていた時代の気分は今はとても感じられない。 今日は菅首相がバイデン大統領と会談して記者会見をしたようです。 そこには対中国のはっきりとした談話はあったのでしょうか?
 “尊王攘華”の気分が巷に満ちるのはいつのことでしょうか?

 

 
  ぼくらの国会・第138回   ニュースの尻尾「内務省創建-日本は独立していなかった!

    https://www.youtube.com/watch?v=_aHYCoe8EQc&t=1159s  36分


         2021-4-17
 
 
 

 海上保安庁法第25条

 

     

f:id:hayame2:20210411082423p:plain

      海上保安庁

 

 

 昭和23年4月27日法律第28号)は、海上保安庁の設置、組織、海上保安官の権限などを定めた日本の法律。

「第二十五条 この法律のいかなる規定も海上保安庁又はその職員が軍隊として組織され、訓練され、又は軍隊の機能を営むことを認めるものとこれを解釈してはならない。」

 

 

 最近に尖閣の領海では常時2隻ほどの中国海警の艦船が遊弋している。 その船は中国海軍の指揮下にあり、70ミリ砲を装備している。 それは白く塗っているが中国海軍のお下がりの艦船も使用しているという。 海上保安庁の船舶と中国海警の艦船との装備数比較は中国が倍以上あり、船の大きさも倍以上で武装もそうである。 海上保安庁船の20-30ミリの砲では、中国から一瞬のうちに70ミリの砲弾を2-3発も被弾して沈没させられて対処できない。 おまけに、その沈没を受けて海上自衛隊が出動すれば、中国は白い船の警察船にネズミ色の軍船が攻撃を加えてきたことを海外宣伝して中国に同情を求めることになる。 五毛党がSNSで大騒ぎするでしょう。 初期の情報戦に負けることになる。

 

 最近の自民党の関連した部会に海上保安庁の長官が白い制服で説明に訪れたという。 異例の対応である、威圧でしょうか。 それは「海上保安庁法25条」の法改正を危惧してのことだと思われる。 海上保安庁はまだ占領下の昭和23年に制定された。 海上保安庁は国際的にはコ-ストガ-ドとされる。 米国のそれは軍として属している。 この第25条にも憲法9条の問題があると言える。

 戦力差を埋めバランスを取るために自衛隊の艦船のお下がりを保安庁に渡そうとしても、人員の教育の問題、エンジンの違いの問題、また、この25条の問題でそれが出来ないという。 自衛隊の定年退職は一般企業よりも早い、海上保安庁の船も人員もそれらの人を当てれば早急な補充や増員ができると思われる。

 

またしても犠牲者がでないと事前に何もできない轍を踏むのであろうか。 現場の保安庁職員の気持ちを知りたいものである。

 

 

       2021-4-11

 

 

 

 

世界の未来は日本にかかっている  その2

 

   

          アンドリュ-・トムソン  Andrew・Thomson

 

 

 アンドリュ-・トムソンの前述の本のなかで「主権国家}に代わる代替えとして「市場国家」を述べています。 これはフィリップ・ボビットが2002年に著作した「アキレスの盾」という本で述べられているものです。 

 

 主権国家は他の主権国家から干渉を受けることなく、行動できる自由を意味します。 このようなことでボビットは国の行動を分析するのは時代遅れであるという。 最近の世界は「市場国家」の集合体であり、その政府は自国の市場にとって何が良いか悪いかに応じて行動しているだけである。国の意思決定は巨大企業のリ-ダ-や株式市場のアナリストに左右される。 地政学的な分析や未来予測は巨大企業の戦いを分析する必要がある。 敵の巨大企業を倒すことが出来れば、国家は自国の主権を守ったり、他国への軍事行動を必要としない。

 

 2001年クリントンWTOの中国加盟に合意したことは、1947年のトル-マンドクトリンンの発表以来の重要な地政学的決断であった。アメリカ企業が中国市場への参入を熱望していたことに端を発した。日本企業が自動車、電子、機械などの分野で米国に勝っていた。米国企業が成長するための唯一の新市場が中国であった。 アメリカは主権国家としてではなく市場国家として行動していた。 国家の安全保障は市場国家にとって邪魔です。アジア太平洋国家の民主主義国家の安全保障は犠牲になりました。

 

 今度の大統領選挙のなかで選挙により選ばれた現職トランプ大統領SNS口座が閉鎖されました。 巨大テック企業は国家を超えた権力をとして言論統制をおこなったということでしょう。

 

 

 

     Philip Chase Bobbitt

  • The Shield of Achilles: War, Peace and the Course of History, (The Penguin Press, 2002).

 

 外国語の出来ない小生には「アキレスの盾」を読むような第1次資料にあたることができまません。 歴史的な文書のようです。 何か合点のゆかないマキアベリのことも腑に落ちることが書いてあるそうです。 早急に翻訳を望みます。 このような段階での小生が述べるのは早とちりでしょう。

 

 

         2021-4-8

 

       世界の未来は日本にかかっている その1

 

 

 

ポ-ルオデット  リュ-ト

     Paul O'Dette  ポ-ルオデット  Lute

 

  オデットによるフランチェスコ・ダ・ミラ-ノ(1497-1543)の曲集 イル・デイヴィ-ノ(神) CD・DVD ジャケットから

 


  ポ-ルオデットは童話の世界で暖炉の前の椅子に腰かけている、まるまるお爺さんという風貌です。 そこでリュ-トを弾いて聞かせてくれます。 小生の一番好きなリュ-テイストですが、実際の演奏は一度も聞いたことがありません。 彼のものはYoutubeで聞くことが出来る機会が多く、それに甘えてCDも買うことがない不真面目なファンの一人です。 彼の弾くリュ-トの音がまろやかで繊細でこれこそがリュ-トの音であると小生は思っています。 その音色は楽器特有の違い、ルネッサンスリュ-トとバロックリュ-ト(テオルブやアーチリュ-トを含む)から出る音の違いであると思う。 彼がルネッサンスリュ-トを好むと言っています。それに接する機会が多いゆえ、小生はポ-ルオデットを好むのでしょう。

  彼は1954年米国ピッツバーグ生まれ。15歳からギターを始め、早くも半年後にはコロンビア響後援のコンクールで1位を取っている。その後スイスのバーゼルに移り、ビンクリーとドンボワの古楽の先達にリュ-トを師事。以降世界各地で演奏活動を繰り広げ、ホグウッド、レオンハルト、アーノンクールらと共演。76年からボストン古楽音楽祭監督、77年からイーストマン音楽学校古楽科主任教授。

 彼のリュ-トへの生い立ちや考えは、日本リュ-トの会のインタビュ-に興味深くかたられています。 それを読まれれば付け足すことはありません。

     日本リュ-ト協会における ポール・オデットのインタビュ-  
     http://lute.penne.jp/lsj/?page_id=110  



  ありがたいことに長編のものが多い、短いものより下記に取り上げました。

  Suite in A Minor, BWV 995: I. Prelude - Très Vite バッハ
  https://www.youtube.com/watch?v=kLGLFcu277c  6分

  Partita in E Major, BWV 1006a: V. Bourée ·
  Suite in A Minor, BWV 995: I. Prelude - Très Vite 

  https://www.youtube.com/watch?v=kLGLFcu277c   6分

  Interrotte speranze- Monteverdi/  Paul O'Dette, Lute Kenneth Kam, Baroque Guitar Daniel Guerola Benito, Theorbo
  https://www.youtube.com/watch?v=22CjSFanduE  

  John Dowland (1563 -1626), Lachrimae Pavan Ms Dd.5.78.(3) (E), Renaissance Lute
  https://www.youtube.com/watch?v=PnNLfnVovHs  6分

  Robin des Bois John Dowland, Daniel Bachelard, John Johnson
  https://www.youtube.com/watch?v=GAvQCRcy3DQ  4分

  Santiago de Murcia (1685-1732) on baroque guitar バロックギタ-
  https://www.youtube.com/watch?v=i4xVXZQFuhQ  8分

  Antonio Vivaldi (1678-1741): Concerto for Mandolino, RV425 Paul O’Dette, mandolin マンドリ-ノ
  https://www.youtube.com/watch?v=KJioN8S9pTI  8分

  Dowland's Grand Tour Paul O'Dette, Lute
  https://www.youtube.com/watch?v=h6zuplccUgU&t=1896s  80分

  An Exploration of Lute Music of the Early Renaissance" - A Lecture by Paul O'Dette
  https://www.youtube.com/watch?v=nWkNzQo_YFw 48分

  Paul O'Dette LIVE
  https://www.youtube.com/watch?v=h6ypzDDDzpg  96分

  John Dowland (1563-1626) - Complete Lute Works by the Master Paul O’DETTE
  https://www.youtube.com/watch?v=zxD8FrR7uco 326分

  Lord Herbert Of Cherbury's Lute Book.
  https://www.youtube.com/watch?v=gxWx_ThLG4A  77分

  Early 16th Century Venetian Lute Music
  https://www.youtube.com/watch?v=Jo5fqwPQDwk  73分

  Nicolas Vallet Le Secret des Muses, Lute Works
  https://www.youtube.com/watch?v=96qa7Rh7bVc  42分

  Daniel Bacheler: The Bachelar's Delight
  https://www.youtube.com/watch?v=eEH1_RJmXxI  78分


     2021-4-06

 



 速魚のバッハ全集